労働相談・生活相談、あなたといっしょに解決をはかります!

情報

北インド亭

 
 このページで紹介している「インド料理店奴隷事件」の被害者Hさんが、安曇野市穂高、国道147号線沿いのコンテナヴィレッジにインド料理店を開きました。
 北インド亭U・Pをよろしく!




シェフHさん


お久しぶり!
笑顔のシェフHさん。
再度技能ビザも取得しました。






 ※Hさん同様無給で働かされ、オーナーOに置き去りにされたかつての同僚3人も、松本駅前にインド料理店を出しました。RAJASTHAN(ラジャスタン)もよろしくお願いします。
_______________________________________________________________
 

    

国労長野会館略図

国労会館地図



3種類のカレー 未払い賃金払え
 ↑3種類のカレーを堪能    満腹になったところで問題提起↑

この記事は2010年6月5日「本格インドカレーを食べる会」会場で配られたチラシからの転載です。

辛過ぎ!
インド料理店奴隷事件問題

 松本市内のインド料理店で働いていたHさんは、ほぼ2年半に及ぶ給料の大半が未払いのまま解雇されてしまいました。オーナーに「結婚することになったから給料をちゃんと払ってほしい」と言った途端、即日解雇されてしまったのです。

 現在、店のオーナーに未払い賃金清算の交渉をしていますが、オーナーは不払いの事実を頑として認めようとしません。周到にもオーナーは、明らかにHさんの筆跡とは異なる領収書(本人のサインにスペルミスまである!)を偽造し、また時には架空の領収書にHさんのサインを強要することで、「給料を支払った証拠」までも準備していました。また、会社は賃金台帳や出勤記録なども残しておらず、ずさんな管理運営が「長時間働いていた証拠も未払いの証拠も無い」とするオーナーの主張に力を貸しています。これではまるで、「ずさんな経営した者勝ち」で、タダ働きした労働者は泣き寝入りです。こんなことが許されていいのでしょうか?

まるで奴隷
 なぜ、Hさんは払われてもいないニセの領収書にサインするような事をしてしまったのでしょうか? それは、彼が「技能ビザ」という、雇用者の印鑑が必要な特殊なビザによって日本で働いていたことに原因があります。つまり彼らは、《ビザのための印鑑》という首根っこを押さえられることで、雇用者の機嫌を損ねる一切の行為が抑制されているのです。賃金がもらえなくても、休日が全くもらえなくても、暴言や暴力を受けても抗議ができません(だから、皮肉にもHさんはクビにされて初めて、オーナーとの交渉を決意できたのです)。これではまるで奴隷制度です。
 つまりこの問題は、雇用者の卑劣さの問題だけではなく、雇用者の暴力的な支配を可能としてしまう日本のビザ制度・外国人政策によって引き起こされた面もあるのです。

インド料理店とオーナーの現在

オーナーO

 5月に賃金清算の交渉が始まり、労働基準監督署が指導に入った途端、オーナーは経営会社を倒産させ、料理店を第三者に譲渡することで、未払い賃金について「ワタシはもう関係無い」と言い張っていました。一方でオーナーは、譲渡した料理店に未だに居座り続け、従業員を顎で使い、金を払わずに食事をし、従業員の寮で寝暮らしを続けていました。また、自分は立派な車やバイクを乗り回し、高価なパソコンでインターネットを楽しみながら、「倒産して金が無い」と言い張ってHさんへの解雇予告手当てすらまともに支払おうとしなかったのです。
 そしてつい先日、オーナーは、組合との次回交渉の約束さえ反故にし、未払い賃金の一銭も払わないままインドに逃げ帰ってしまいました。到底許せない不当労働行為です。

Hさんの現在 

Hさん

 Hさんは解雇と同時に従業員の寮からも追い出され、ホームレス状態に置かれています。賃金清算のために認められた短期滞在ビザのため、アルバイトにも大きな制約がかけられています。賃金がもらえないため、(オーナーに薦められて)利用したカードローンの利息が日に日に膨らんでいます。
 一方、長野県は、技能ビザや短期滞在ビザの外国人への生活保護を拒否しており(東京などはこれを認めている)、行政による福祉も受けられません。就労を禁じられ、福祉も受けられず、ほとんど収入が得られない彼。その彼の現在の暮らしを支えているのは、彼の友人たちの善意のみです。長野県で起きているこの事件を解決し、Hさんの生活と尊厳を守るため、労働組合LCCながの生存を支える会(仮)外国人研修生権利ネットワーク信州の三団体が協力して取り組んでいます。私たちは、この問題の解決に向け、今後とも総力を挙げていくので、どうかご支援ください。
 

協力のお申し出は080-5141-4694(八木)まで


メーデー表面

メーデー裏面







提起[調整中]
労働組合LCCながの
生存を支える会(仮)
外国人研修生権利ネットワーク
★010年安保を起こそう実行委員会

a:4753 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional